短期間で腰痛を治す方法

短期間で腰痛を治す方法

1中川式腰痛治療法

 

30年間、「腰痛の研究」を続け、「延べ50万人の患者」を救ってきた、腰痛治療の第一人者が、「整形外科や整体院などに通わず」、「手術や投薬なども一切せずに」自宅で腰痛を治せる方法をお伝えします。

 

⇒ 1日たった15分で腰痛だったことすら忘れてしまう腰痛治療法を見てみる

2穴吹弘毅が教える腰痛改善

 

私は、何度も人様の腰にメスを入れてきた人間です。いろんな人が腰痛改善法を紹介していますが、手術の経験のある現役の医師が紹介している腰痛改善法は、少ないのではないでしょうか。メスを入れ、人の腰の中を見た経験があるからこそ、言えることがあります。

 

⇒ 過去2万人の腰痛を改善させた医学界の常識を覆した方法

3自宅で出来る腰痛治療法

 

私は腰痛治療のプロです。 現在まで、1万人以上の腰痛患者の方と向き合い、原因を追求し続け、治療法を改善し続けてきました。結果、私がマッサージした方を始め、私のトレーニング方法を実践した方は96%以上の方が「痛みがなくなった」と体感しています。

 

⇒ 1日たった5分、1週間後には全く痛みを感じなくなった腰痛解消トレーニング

なぜ、腰痛が起きるのでしょうか?

腰痛が起きてしまうのには原因がありますが、その原因は人によって様々です。

 

主な原因としては、筋肉疲労や筋力の低下、骨格の歪みなどが考えられます。

 

長い時間、筋肉を使うスポーツをしたり、自動車の運転を続けたり、長時間のデスクワークなどは、筋肉疲労を引き起こします。

 

いわゆる筋肉が張った状態、乳酸がたまった状態になり、腰痛に繋がるのです。それに、筋力が低下してしまうと、腰の筋肉に負担がかかって、痛みが出ることもあります。

 

また、肥満も体の重さを筋力で支える際、常に過度の負担が腰にかかるので、腰痛を引き起こすことがあるようです。

 

それから、骨格が歪んで全身のバランスが崩れると、腰痛が起こりやすくなるでしょう。

 

姿勢や歯の噛み合わせが悪いことによっても、骨格の歪みが生じて、腰痛が起きることがあります。

 

筋肉疲労や筋力低下、骨格の歪みが腰の痛みの原因の場合には、同じような姿勢で長くいることを避けて、軽い運動やストレッチをするといいですね。

 

ただ、あまり激しい運動は逆効果になりますので、医師に相談するようにしてください。

 

腰痛の原因としては、その他にも、ストレスや血行不良、内科的な病気なども考えられますから、腰に痛みを感じた場合は、必ず病院で診てもらうようにしましょう。

長時間座ってると腰に痛みが出るはなぜ?

なぜ、長時間座ってると腰に痛みが出るのかを説明します。

 

人間は、上半身の全てを腰で支えています。

 

座っていると、その重さが全て腰にかかるので、腰に負担がかかるのです。

 

上半身の重さは、全身の7割くらいの重さがあると言いますから、相当な重さが腰にかかることになります。

 

この状態が長時間続くとなると、次第に腰の筋肉が張ってくるでしょう。

 

血液の流れも悪くなり、肩こりなどで腰への血行不良が起きたりします。

 

それに、長時間座ったままの状態は、神経を圧迫する原因にもなるのです。

 

このようなことから、長時間座っていると、腰痛が出る原因を作ってしまいます。

 

なるべく長時間座りっぱなしになるのを避けるようにしてください。

 

途中で休憩を入れて、軽い体操やストレッチをしたりするのも良いと思います。

 

そして、座っている最中も、あまり猫背にならないように、姿勢を良くした方が腰痛を避けることができるようです。

 

普段から運動して、体力と筋肉を付けておくことも、長時間座っていることによる腰痛を予防できるでしょう。

腰痛体操DVD-健康情報ゲンキネット